岩手-東北の「青の洞窟」と透明感満天の「浄土ヶ浜」

広告

”さっぱ船”で向かう「青の洞窟(八戸穴)」

小型の船で絶景スポットをめぐる「さっぱ船ツアー」です。
”さっぱ船”とは、アワビや海藻採取など沿岸漁業に用いられる小漁船のことを言います。

ツアーは、「青の洞窟」だけでなく、浄土ヶ浜内湾にある地獄に見立てられた名所、剣ノ山・賽の河原・血の池なども見ることができます。見られるものは、時間帯と船頭さんによって、少しずつ違うようです。また、乗船チケットの予約は出来ず、直接お店で買わなければ乗れません。

一人¥1500(ツアー約20分)

もちろん、波の高い日は船は出ません。
また、時間帯で「青の洞窟」の色は変わるそうです。

穴の内部は8メートル程で行き止まり。
入口は半分海に浸かっているので、小舟でないと侵入できません。満潮時は頭が洞窟の天井に当たってしまう危険性があるので、 ヘルメット&ライフジャケットをつけて、船に乗り込みます!

しっかりと青く輝く水、見てこれました!

宮古市を代表する名所「浄土ヶ浜」

遊歩道をすすんで「浄土ヶ浜」を目指します!

「日本の海水浴場百選」にも選ばれた石浜だそうです。2012年1月には国の名勝に指定されています。

真っ白な流紋岩が隆起した岩山と小石の浜となっていて、海水の透明度も高くとても美しかったです。下の写真は、親子亀の岩みたい。

「浄土ヶ浜レストハウス」には「浜処うみねこ亭」というお食事処もあって、ご当地グルメを楽しめるそうです。港町で大きな海鮮丼を食べた後だったので、行けませんでしたが、なんだか、個性派のご当地グルメがあって、楽しい感じでしたw
今度来る機会があったら、寄ってみたいです。

タイトルとURLをコピーしました